こんにちはミラノです。
2年ほど前からちょこちょこ行っている新酒味見会に行ってきました。

新酒味見会とは?

毎年新酒のできる時期に行われる味見会のこと。
大体10月下旬の日曜に行われることが多い。

はじまりは浜北駅から

新種味見会は浜北の宮口というところにある花の舞酒造の本社で行われます。
天竜浜名湖鉄道の宮口駅からか、
遠州鉄道の浜北駅から出ているシャトルバスに乗っていきます。

私は遠州鉄道から行ったほうが近いため、いつも浜北駅からシャトルバスに乗っています。
シャトルバス自体も、10ー15分おきに来ているので、
だいたい駅に降り立ったらすっと乗れる感じです。

こんな感じで社員さんが立っているので、すぐにわかると思います。

ガラスのお猪口をもらって試飲のはじまり

シャトルバスを降りて、ほとんどの人が進む方向に一緒に進んでいくと、会場です。
会場に入る際に、ガラスのお猪口をもらっていきましょう。
これに日本酒をついでくれます。
一緒にお酒の仕込みに使っている仕込み水を配っているので、もらいましょう。
大体日本酒一杯につき水も一杯飲むとベロベロになりにくい気がします。

会場内には甘酒もあるので、こちらも味わいましょう。
こちらも新酒を絞ったときにでる酒粕で作っているので、
あまりお酒に強くない方はこれだけで酔った感じになりそうですね。

今年の日本酒はまろやかな辛口。
アルコール度数18.5と結構高いので、注意が必要ですね。

私の飲んでみた感想は、今回のはだいぶ辛口でスッキリとした感じでした。
食事にあいそうな感じ。
味も結構毎年違うので、それも楽しみですね。

お酒のあてについて

お酒のあてについては、
現地でもいろいろと売っているので、購入できます。(たこ焼きとか、こんにゃくとか)
もしくは自分で何かしら用意していく方が多いようです。
ナッツとかお惣菜とか。
ちなみにゴミは皆さん持ち帰りです。

ガラスのおちょこについて

ガラスのおちょこは行くと皆さんもらえます。
家に持ち帰って、花の舞の日本酒はこれで飲みましょう。
持ち帰る際、水でもらった紙コップでお猪口を挟むと割れにくいので、
持ち帰りやすいです。

感想

新酒味見会だいぶ楽しんできました。
例年ベロベロになっちゃう方が結構いらっしゃいますが、
今年はそこまで見なかったです。

来年から入場料500円になるそうなので、
今年が最後の無料試飲会でした。
500円でも破格の安さだと思うので、
来年は是非行ってみてください。