こんにちは。
写真大好きミラノです。
本日はしょぼいが面白いと噂の竹島水族館に行ってみました。

竹島水族館とは?

竹島水族館は、愛知県の蒲郡市(がまごおりし)にある水族館で、
常時およそ450種類、4500匹の生き物を展示公開しています。

迫力満点で愉快なアシカショーもありますよ。
展示生物は、海水も淡水(川や湖など)両方展示しています。
展示は常に変化し、展示生物は日々すこしづつ変わります。

館内はほのぼのとした雰囲気で、
ゆっくり生き物たちを見ることができるアットホームな水族館です。
(公式HPより)

外観は昭和の匂い

IMG_0011
外観は昭和の匂い漂う不思議でちょっと心配な感じ。
竹島水族館って書いてあるフォントもかなり昭和の匂いがする。

中身は盛況お客さんでいっぱい!

日曜だった所為か子ども連れのお客さんがわんさかいました。
子どもづれだけではなくカップル連れもちらほら。

お魚は深海魚からスズキまで、アサリなんかも展示されている

_DSC9212

なまずや

_DSC9245

お魚用のマンションもありました。名前が書いてあるですが昼間はみんな外に出ているのかほとんど家にいないようです。
しかし中には引きこもりもいるようで家の中にいる魚もいました。

_DSC9302
カサゴです。とげとげしいですね。食べると美味しそうです。
_DSC9320
確かこれ昔アラレちゃんで食べてるシーンがあったような・・・。
きっと美味しい。
_DSC9206
くらげはとても綺麗でした。
_DSC9338
お魚は深海魚から熱帯魚、エビ、スズキ、アサリなどいつもは刺し身やフライで見るような魚も展示されている。

手作りの解説が秀逸

IMG_0016
壁ドン禁止について書かれている手作りの解説。
隣に書いてある絵がギリギリである。

IMG_0018
手作りで作られている解説がとても秀逸で、この魚はうまい、まずいは当たり前。

タコが共食いしてしまった際の反省文や色々な魚にまつわるクイズなども。
_DSC9249
↑共食いしてしまったらしいタコ

水族館なのにふれあいコーナーがある。

_DSC9343
その名もさわりんぷーる
_DSC9339
痛い。
でもウマそうである。

_DSC9346
オオグソクムシ。
エイリアンである。
食べたくはない。

名前が竹島だけあって実際に島もある。

_DSC9353
島の内部。自然がいっぱいのいいところである。
_DSC9392

_DSC9425
渡り鳥たちの姿もたくさん見える。
スナック菓子を与えて襲われている観光客がわんさかいました。
_DSC9435
近くに風雲!竹島城!とでも名乗れそうなホテルが山の上にあります。
_DSC9437<
実はこんな感じのシャレオツなお茶が楽しめるところでもあります。
_DSC9441
ついつい時間を忘れてしまいますね。

次は春に花を撮りに行きたいですね。

おまけ
IMG_0004
お昼の牡蠣うどん